鈴木徹さんと高木文代さんとチェケラッチョ。

高名な陶芸家である鈴木徹さんにお会いしてお話ができた。
鈴木さんは多治見で緑釉(織部釉)をつかった作風で製作されています。
器体にドベを塗りつける豪快な手法は他ではなかなか見ることができません。
たいへん気さくにお話をいただき、久しぶりに触発される想いでした。
ありがとうございました。

「 鈴木徹陶展 」10/29-11/4 天満屋広島八丁堀店7階美術画廊

福屋では五日市や湯来を拠点に制作されている高木文代さんの個展が開催中です。
やき〆の作品に力を入れられています。
棚板が崩れたという話をききました。
お気の毒です。陶芸家はみんなトラブルの糸の上を歩いているようなものですね。。

「 高木文代 和みのうつわ展 」10/29‐11/4 福屋八丁堀本店7階美術画廊

c0129314_8545552.jpg


山幸さんのお皿におでん、高木さんのお皿にチェケラッチョをのせてみました。
チェケラッチョハゲラッチョ。
うそ、沖縄の島ラッキョウです。
味噌につけて生でいただきます。
うまいです。
おでんも季節ですね。
うちの子はなべが嫌いです。
鍋料理全般が嫌いなんです。
なぜ?
わしはなべ大好きなのでそのへんは無視して、冬はなべを強行します。
ごめんね。
[PR]
Commented by スズキテツ at 2009-11-06 11:41 x
ご紹介していただきありがとうございます。気がつくのが遅くなってすみません。
やっぱり嬉しいですよね、こうしてブログに書いてもらえることは!
太田さん夫婦との会話は、私の方にもたいへん刺激になりました。

中部地方で個展をされる際には是非ともご一報くださいませ。うるさい嫁はん(笑)と一緒に伺います。
またいつかの拝眉を楽しみにしております。
Commented by kaztomkk at 2009-11-06 16:26
鈴木様。
こちらこそ恐縮です。
今後ともいろいろ教えてください。

ブログ興味深く拝見しました。
お忙しそうですねー。
by kaztomkk | 2009-10-31 08:59 | Comments(2)

広島で染付と青白磁の器をつくっています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31