ツクをきれいにした。


本焼きするとツクに棚板コーティング剤が付着する。

そのまま使用すると、棚板ががたつくので、ギョイーンとサンダーで凸凹を削る。

気になっていたのできれいになってさっぱりした。

c0129314_916167.jpg


Y永くんの表札。

白抜きにすると有田焼っぽい。

c0129314_916289.jpg


最近活躍している土楽の土鍋。

飴色が美しい。

マーボ豆腐も作れます。

c0129314_9164376.jpg


最近、家族の身長をどんどん更新している人。

リュックでかっ。

c0129314_9165370.jpg


映画「書道ガールズ」をみた。

書っていいな。

文字っていいな。

みんなやればいいのにー。
[PR]
by kaztomkk | 2011-06-28 09:37 | Comments(2)

本焼#163。


台風が接近して、また雨じゃね。

窯を開けた。

素敵な色の鉢が出てきた〜。

c0129314_11253225.jpg


ツル首の丸みと首のバランス。

このカタチが好き。

c0129314_11254364.jpg


微妙に形が違う。

c0129314_1125514.jpg


線彫のソバ猪口が無事に焼けた。

自分の意図した薄めの淡い色がきれいに出た。

c0129314_1126177.jpg


綺麗な市松。

四角の大きさもこんなもんか。

c0129314_1126949.jpg


焼成がおおむね無事に終了し、一安心です。

気楽にビールが飲める。。
[PR]
by kaztomkk | 2011-06-26 11:32 | Comments(3)

冷やしうどん。

梅雨ですが、晴れると青い空。

夏だねー。

じめじめ暑くて、汗が出るようになってきた。

こんなときは、冷やしうどん。

うちは冷凍うどんを常備しているので、電子レンジで解凍して、水で冷やして、すぐ食べれる。

c0129314_162479.jpg


↑うどんが入っていた。。




口のある小さな丸皿。

口を太くすることで、優しい感じになった。

スルメはマヨネーズに七味をいれたのをつけると美味い。

c0129314_1623717.jpg




梅が取れたので、収穫した。

今年は梅干を慎重に漬けて、美味しいのを作りたい。

c0129314_1625944.jpg



ギャラリーへ持っていく作品を準備。

酒器展なので小物が多くて運ぶのが楽そう。

c0129314_1631094.jpg


リクエストがあったので、建水を試しにつくってみたらなかなか好評でした。

こうして商品レパートリーが増えていきます。

次は蓋置つくってみよう〜
[PR]
by kaztomkk | 2011-06-25 16:14 | Comments(0)

はじまります。

GALERIE青鞜
「酒、愛でる器展」
7/2-17 11:00-18:00

9人のグループ展です。

c0129314_10333990.jpg


週末にはコンサートなどイベントがあります。

7/2のお酒の会  7/15のビールの会 に参加しまーす。

c0129314_10335635.jpg

[PR]
by kaztomkk | 2011-06-25 00:00 | Comments(4)

本焼#162。


いやー昨日の夜から今日もじめじめしてあつかったなー。

最近足踏みしておりましたが、ようやく本焼きしました。

c0129314_1821274.jpg


コンパクトな花入をいくつかつくりました。

c0129314_1822420.jpg


細くて縦長のが最近のはやりです(当社比)。

c0129314_1823539.jpg


おもしろくて、かっこいいカタチを考えてはいるんですけど。。

c0129314_1825877.jpg


これは古典的なツル首の形ですね。

初めて作りましたが、首の長さと下の膨らみのバランスのとり方でいろんな雰囲気になると感じました。



DMの写真を撮るために、デジタル一眼レフを買おうと思い、どれがいいかなと検討中。

普段も使いたいし、携帯したいので、世界最小一眼レフというのがいいかなと思っています。

やっぱりコンパクトとは違っていい絵が撮れるんだよね。

デジカメも熟成されてきたので、そろそろ買いかな、と。




こないだNHKで沖縄の喜劇人の話を見た。

「お笑い米軍基地」というコメディーがちょっとだけ紹介されていたけど、劇的に面白かった。

もっと見たくて、すぐにアマゾンで本とDVDを買った。


沖縄戦を戦った米軍海兵隊の話も見た。

民間人を殺した苦悩。

66年の月日が経ち、ようやく話はじめた人たちだった。

戦争には勝ち負けはない。という話。


沖縄の人が本土で差別されるというのもやっていたな。。


でも沖縄って大好きだなー。

人間も海も言葉もソーキそばも、海ぶどうも。


放射能を警戒して、東京から石垣島へ避難する人がいるというのもやっていたなあ。

石垣島では受け入れ態勢を整えているそうです。
[PR]
by kaztomkk | 2011-06-22 18:28 | Comments(0)

ホリホリ。

そば猪口は、むかしからコレクターの多い人気アイテムで、私も好きです。

自分の中でこんなんほしいーなーこんなんあったらええなーという気分でデザインを作ります。




文字を器に乗せるのも好きです。

文字には明確に意味があるので、日常の中に強烈なメッセージを送ると同時に、バランスよく書くと文様のようにも見えます。

今定番になっているのは、「雨ニモマケズ」と「いろは歌」です。

奥の細道の冒頭も好きです。

c0129314_1342416.jpg


私の釉は流れるので、彫りを入れてそこに呉須を入れないと、流れてしまって読めません。

そこで一度ホリホリします。

丸いので頭とケツをつなぐのが難しいですが、きっちり収めるより、ノリノリでホリホリするほうがいいようです。

なかなか根気がいるようですが、根気がいるというよりは、気分が乗らないと何個も描くのはつかれます。。

c0129314_13425175.jpg


古典柄ももちろん好きで、木賊とか市松も好きです。

c0129314_1343351.jpg


このそば猪口はかなり大きめで、スープを入れてもいいくらいです。

意外と使い勝手が良くていいようです。

c0129314_13431382.jpg


先日のお稽古は、重ねの手前でした。

茶碗を重ねてもってでて、弐服連続して点てます。

ポイントは茶碗を両手で扱うことでした。

c0129314_141237.jpg


水指の蓋を削りながらぼーっと考えていたのは、蓋の重さとか形状はどんなのがいいかなーということでした。

私はちょっと重めでどしっと締まるのが好きです。

まあ立てかけにくくても、いろんな置き方があるし、立てかけないで置くこともあるし。

好きな道具を使う人は使いにくいなりに使うものだし、使いやすさばかり追求すると好きなデザインができないくなるし。

これもまあバランス感覚ですよね。。
[PR]
by kaztomkk | 2011-06-11 14:06 | Comments(2)

「美の壺」にO野先生がでた。

顔はでなかったけど、すごいぞ!

生地の薄さが強調されていたのが残念だったけど。。

薄いことはそんなにすごいことじゃないんだけどな。。

O野先生のスゴ技 → http://blog.cu-nyo.com/


O野先生とM野先生にはTASKで隔週で毎日筆運び、絵の具の使い方を教わった。

ぼけたらちゃんとつっこんでくれる、綾戸智絵のような元気な人です。

しゃべると雰囲気がぶち壊しになるので、TVでは映像だけでしたね。。

これはわしが卒業するときにO野先生がくれた猪口です。

c0129314_02559100.jpg


今も大切にしています。

ありがとう!O野先生。

つーか、こないだ一緒に飲んだけど。

また飲みましょうねー。



生地がたまったので、素焼きの窯入れしました。

焼く前ってなんか、なんの味わいもないね。。

c0129314_02688.jpg


でも最近ろくろに目覚めて、なんかちょっとうまくなった気がしている。。




石膏型を取った。

c0129314_0262152.jpg


醤油皿くらいのちいさな正方皿のやつ。

c0129314_0263029.jpg


石膏型はぼんやりしているけど、いいものができそうな気がするんだよね。。




3.11でながれていた父の叙勲が、7.1に決まった。

やったね!父。
[PR]
by kaztomkk | 2011-06-10 00:46 | Comments(0)

尺皿。


鈴木さんにリクエストいただいていた尺皿を再度挽いてみた。

前回焼き上げたのはなんともみっともない感じになってへこんでいたが、今回は良くなりそうな気がする。

やはり平らな面をきれいに仕上げるのと縁をギリギリまで倒していくのがむずかしい。。

c0129314_131465.jpg


縁の作りは少しアクセントを付けて締まった感じにするのが好みです。

c0129314_13141483.jpg


扇風機始動。

工房内が湿度が高くてむしむし暑い。。
[PR]
by kaztomkk | 2011-06-08 13:18 | Comments(0)


ひさしぶりに「おひさま」をみたら、井上真央の結婚する相手が、かずなりだった。

その役者、小栗旬とオーランドブルームに似ているといわれる私に似てイケメンだった。

でも、結婚式の次の日戦地へ赴き、帰ってこないようだ。。


c0129314_8232388.jpg


先日、木暮さんより購入したオリーブオイルをあけた。

塩とあわせてパンを食べた。

やはりなんとも独特に青臭くて美味しかった。

c0129314_8233380.jpg


土楽の鍋でマーボ豆腐。

フライパンを使わないでこの鍋で料理ができる。

テーブルの上でしばらく暖かくて、あつあつがとても美味でした。

濃い飴色のこんな鍋をずっと探していた。

c0129314_8235759.jpg


伊賀に行ったので耳をつけた。。




建築家の三分一さんが立派な賞を受賞したと昨日の中国新聞に掲載されていた。

第4回日本建築大賞 - 犬島アートプロジェクト「精錬所」
2011年 日本建築学会賞作品賞 - 犬島アートプロジェクト「精錬所」


すごい。
[PR]
by kaztomkk | 2011-06-08 08:37 | Comments(0)

雨の中まずは広島から京都へ(4時間)。

京都南ICを降りたところへ第一旭というラーメン屋があったが、名前がかわっていた。

そこにでっかく「速度違反は12000円 ラーメンは600円」という看板があった。

ラーメン食って焦らず行こうということか??

ラーメンを食って、器館へ行った。

O村さんという女の子がいて、少し話をした。




京都東ICから新名神の信楽ICでおりて伊賀へ(1時間)。

昔に比べて信楽までがめっちゃ早い。




藤堂高虎が築城の上野城。

c0129314_2272662.jpg


上野城の一角にあるギャラリー「土味」へ到着したら、須釜さんが店番をしていた。

須釜さんは伊賀焼作家谷本洋さんのお弟子さんでTASKの後輩で、先日大徳寺で一緒になり、今回伊賀を案内してくれたシュッとした女の子。




今回手に入れたやきもの。

c0129314_10263943.jpg


伊賀焼は焼締にビードロといわれる緑色に発色するのが特徴。

その造形は戦国時代の侍のように豪快です。

そんな造形感覚を自分の作品にもとりいれたいな〜とたくらんでいる。

土鍋は「土楽」という有名な土鍋屋さんのもので、飴色が美しい。この鍋がフライパンがわりにも使えるというすぐれもので、これから料理に使うのがたのしみ〜




翌日は朝からデザイナー今岡忠篤さんと合流し、谷本洋さんの工房へ。

たいへん雰囲気のあるすてきなところでした。

伊賀焼と創作についていろいろなお話を頂戴した。

「絵や書など、焼き物以外のことに取り組むことで、自分を深め、作品も深みのあるものになる」というお話が印象的でした。

お忙しいところお時間を頂き本当にありがとうございました。



伊賀焼 谷本洋 作陶展
6/7-13 高松三越



それから、「第6回パラミタミュージアム陶芸大賞展」にいってきた。

オープニングにつき、今回展示の6人の作家さんが集合していた。

話しかけるとみなさんこころよくお話いただき、みんな話すといい人だなあと思いました。




写真は鈴木秀昭さんの作品。

c0129314_2284450.jpg


久しぶりに鈴木さんにお会いできて、お話出来て、とても嬉しかった。

鈴木さん意外と背が高いな。。

c0129314_2225617.jpg


他にもたくさんの出会いがあって、興奮気味でした。




パラミタには池田満寿夫さんの般若心経シリーズの陶の作品群があり、圧倒される。




伊賀とパラミタは車で一時間くらい。

道中、今岡さんと須釜さんといろいろ話ができた。

夜は須釜さんと土楽の道歩さんと餃子を食べながらビールをたくさん飲んだ。




いつもそうなんだけど、ホテルってぜんぜんぐっすり寝れない。。

疲れていても2時間おきに目が覚めてしまうくらい、眠りが浅い。

旅先で気分が高ぶっているからでしょうか。




翌朝起きて、上野城を散策してから、丸柱の土楽の工房を道歩さんが案内してくれた。

料理人だった道歩さんは土鍋料理の本も出版されています。

道歩さんありがとうございました。



へとへとになって帰途についてが、せっかくなので岡山にいるであろう、大学の同級生のY村くんに会いに岡山で降りた。

連絡するととんできてくれてアートガーデンというギャラリーでデートした。

いつもいつも一緒に潜っていた仲間なので、白髪が増えていたけどかわらない顔を見れて自分がほっとした。

備前では顔らしいので、こんど備前を案内してもらうようたのんだ。

意外と近いようで遠い広島と岡山。

たまには会おうよーという話でした。


c0129314_11414610.jpg



須釜さんいろいろありがとう。

旅先で出会った皆様、ほんとうにありがとうございました。




小学校の運動会は、土曜が水曜になり木曜にやったそうです。

終盤は雨に雷が鳴りたいへんだったそうです。
[PR]
by kaztomkk | 2011-06-04 02:30 | Comments(0)

広島で染付と青白磁の器をつくっています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30