大田一成 陶工日記

広島で染付と青白磁の器をつくっています。

筆の里熊野。


熊野へ行ってきました。

そんなに奥まっているわけではないのですが、隠れ里のようなところです。

筆つくりの職人さんに工程を見せてもらい、話を楽しく聞きました。

昔ながらの職人さんは会社に属していなくて、一人でやっているそうで、弟子も取りにくくて、今の時代にはなかなか難しいそうです。

しかし、化粧筆はブレイクしていて、ちょっとみただけでもその技術は世界にほこれるものだと感じました。

c0129314_11335274.jpg


武山の文具がありました。

c0129314_11344341.jpg


漆芸家の金城一國斎氏にお会いすることができました。

武芸にも秀で、とても素敵な方でした。

幻の江波焼にも関係があるそうで、興味深いお話でした。
[PR]
by kaztomkk | 2012-03-21 11:40 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30